2018年3月24日(土)

3月も残すところあと1週間。お勤めの方々は、年度末で何かと忙しい時期ですね。学生さんは春休みに入った頃でしょうか。

今日の練習では、三宅先生が演奏会で不在の為、特別指導者Nさんのご指導のもと、合奏を行いました。

基礎合奏をして、まずはコンクール曲。課題曲、自由曲と共に、回数を重ねてきてだけあって何となく曲のかたちが見えてきたような気がしました。ここから、音量や音形、歌い方などを揃えていくことで、更に良い演奏にしていきたいですね。

一見、合奏の写真に見えますが、実は休憩中に撮ったものです。今日は新曲が4曲、しかもなかなかのレベルのものばかりだったので、多くの方が、休憩もそこそこに譜読みに取り組んでいました。

新譜のうち、2曲はテンポや指回しがなかなか難しいものですが、音の強弱や長さなどからメリハリをつけてかっこよく仕上げたい曲だなと思いました。(私個人の感想ではありますが…)

合奏のおわりに、本日の指導者がおっしゃっていたことが印象に残ったので、ご紹介します。

それは、「難しい曲を完璧に演奏することは難しいが、それに対し前向きに挑戦していくことが大切だ」ということです。

一般バンドは、集まって練習ができる時間が限られています。また、社会人のバンドですから、メンバーの間で、年齢や経験値等が違うのは当然のことです。そんな中、難しい曲を前にした時、「自分は出来ないから、演奏しないほうがいいのでは」「このバンドでやっていけるのだろうか」とマイナスな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、合奏も回数をこなせばある程度かたちになります。特別な技を持っていなくても、自分に出来ることを少しずつ増やしていき、しっかり決めるべきところを決めるようにすることで、どんな難しい曲であっても、十分良い演奏に貢献することが出来るのではないでしょうか。

依頼演奏等もあるなか、これからコンクールに向けて、更なるレベルアップが求められます。新年度になると、お仕事や学校の授業などで忙しいなかでの練習が続きますが、前向きに練習に取り組んで、毎回の練習で1つでも多くのことを出来るようにしましょう!

 

長々と失礼致しました。本日の担当は、サックスパートTでした。

2018年3月17日(土)

今週は、日中は暑いくらいの陽気でしたが、朝晩はまだまだ冷えこみますね。

今日は、三宅先生が来られる前に、Nトレーナーによる基礎合奏から。

高音パートの参加者が少なくて、バランスの悪い状態ではありましたが、いつも音のタッチや処理の仕方をそろえたり、柔らかい音でも音量と響きをおとさないよう、気を付けたいと思います。

三宅先生が到着されて、課題曲の候補曲の練習です。

人数が少なく、参加者のいないパートもありましたので、今日の参加者でできる部分からの練習となりました。

テンポ感、アーティキュレーションの付け方についてなど、いろいろと教えていただきました。練習は始まったばかりですが、毎回の練習の内容を 確実に次に反映させていきましょう。

 

参加者が徐々に増えてきて、次は自由曲候補曲です。

先週の木管練習で洋子先生が授けてくださった秘策を使って挑戦。まだまだ練習が必要ですが、パート内で協力して頑張ります。

技術的に難しい部分も、自分のことで精一杯にならないように、どのパートを聴いて全体を合わせていくかについても教えていただきました。1回1回の合奏を大切にして、合奏以外の時間も自分でできる準備をして臨みたいと思います。

 

来週は新譜に挑戦予定です!どんな曲でしょうか…楽しみですね。

今日の担当は、ClパートのMでした。

2018年3月10日(土)

日中の日差しは暖かくなりましたが、まだまだ朝晩は冷えて寒いですね。

3月4日の本番が無事に終わり、心機一転、今日はコンクールに向けて自由曲候補を重点的に練習しました。前半はセクション別の練習ということで、金管は三宅先生、木管は三宅洋子先生にご指導いただきました。

まずはB♭音階でウォーミングアップです。音程が合わない(うねっている)と感じたら口の中を開けるように、とご指導いただきました。曲に関しては、木管は細かい動きのある部分をみていただきました。曲中に全部で8か所ほど登場するのですが、今回、洋子先生がとっておきの秘策を授けて下さいました。これもまた練習が必要ですが、良い演奏をするための大きな一歩に繋がったのではないかと思います。各自復習をしてから、金管セクションと合流するためホールへ移動しました。

全員揃ったところで、後半は三宅先生のご指導で候補曲の合奏です。今日もテンポの動き、ニュアンス、パートごとのバランスなど、曲の完成度を高めるための指導を沢山頂きました。まだまだ楽譜にかじりついて吹くのに必死…といった状況の私ですがメモはバッチリです。地道に練習したいと思います。

残りの時間は課題曲のⅢ、Ⅳを練習しました。どの曲をコンクールで吹くのかまだ決まっていませんが、それぞれ異なるカラーを上手く表現できるよう取り組んでいきたいと思います。

代表・パートリーダーからバトンを引き継ぎ、今回から各パート団員がブログを更新していきます。ブランクが長く入団当初は運指を思い出すのにも必死だった私ですが、先生も団員の方々も優しくて、何とか今まで続けられています。楽器を眠らせている方はぜひ一度、見学に来てもらえたら嬉しいです。それでは、Fl&ObパートのHでした。

2018年3月3日(土)

春を思わせるような暖かい1日の今日は、本番前日ということで、たけまるホールに打楽器を運んでのホール練習でした。

昼間にホールを使用していた関係で、まずは小ホールで打楽器なしの合奏。

合奏を初めてすぐに、大ホールの仕込みが終わったという連絡があり、すぐに大ホールに移動してセッティング開始。

ちょっとバタバタしましたが、やっと落ち着いてホールで練習となりました。

今日は、三宅先生のスケジュールの関係で、山上先生と大西先生にご指導いただきました。

先週と同じく、本番と同じホールで、大西先生の指揮で、山上先生は客席で聴き、バランスを確認する練習が中心でした。

さて、明日はいよいよ本番。
生駒市内の小学校・中学校・高校・一般が全て出演する「いこま吹奏楽の日」。
たけまるホールに是非お越しください。

本日のブログは、代表&トロンボーンパートリーダーでした。

2018年2月24日(土)

《ホール練習》

きょうは、3/4の本番に向けて、たけまるホールでの練習でした。

まずは、基礎合奏「サウンドトレーニング」から

注意点は、クレッシェンドしたときにも音色がキープできるようにと、クレッシェンドやディミヌエンドなどの音量の変化を自然な形でできるように。

続いて、まずはことしのコンクールの課題曲Ⅰ「古き森の戦記」の試奏。
きょうが初めての合奏です。この曲がどういう曲なのかを知るためということで、途中切りながらも軽く2回ほど通しました。

続いて、3/4の本番の曲、ホルストの第一組曲とカヴァレリア・ルスティカーナ。
第一組曲に関しては、念入りに細かい箇所、響きもしっかりと確認しました。

 

きょうはサプライズがありました。
合奏終わり、お誕生日が近い三宅先生に、団員からハッピーバースデーの曲のプレゼントと、赤いネクタイ(還暦であられます!)、メッセージ入りのカステラをプレゼントしました。
ネクタイはぜひ本番でつけていただけたらと思います♪

 

3/4の本番まで練習はあと1回です。
風邪っぴきの自分自身も含めて、改めてそれぞれ体調管理をしっかりしていかなくては!です。

 

本日のブログは打楽器パートリーダーTが担当しました。

 

《番外編》

きょうは大型楽器を全て団員のマイカーで運びましたが、なかなか思った車に思った楽器が乗らず、かなり手こずりました。特にPearlのバスドラムに・・・。初めて解体しました💦
モンキーレンチは備品で要りますね💦(;^ω^)

 

2018年2月17日(土)

冬季オリンピックで羽生選手、宇野選手の金銀ワンツーフィニッシュで盛り上がりましたね〜

今日ご指導いただける山上先生のご到着が遅れるという事で、到着までの間に羽生選手の演技に感動した我が団のスーパートレーナーN氏による基礎合奏からスタートです(^o^)

三宅先生のご指導の時にも使用しているスーパー・サウンド・トレーニングを使用して合奏が進んでいきます。
アンサンブルの基本中の基本のピッチを揃える、アインザッツを揃える、音の処理を揃えるといった事がまだまだ出来ておりません。
そういった事を意識し、尚且つ単純な音型でも音楽的に演奏できるか。いろいろと課題はありますが、意識すると改善していくので、吹く前に各自イメージ、準備をすれば出来ると思います。
個人的にはハーモニートレーニングでのカデンツは、簡単な和声の知識を説明した方が練習の意義がわかるのではと思っています。前所属していた楽団でもやった和声講座しましょうかね(^_^;)

山上先生が到着されて、まずは恒例の体操&ブレストレーニングです。

オリンピックで活躍している選手もそうだと思いますが、まずは余計な体の力を抜きリラックスした状態でブレスをする事が大切だと思います。
それが終わった後、山上先生がご使用されているメソッド「トータルトレーニング」に移ります。
この体操をやった後にこの基礎トレーニングをすると、各自いつもよりも楽器が鳴っているような気がします。
プラス楽譜に書かれている音を声に出してから吹くとまたバンドの音が変わっていきます。
各自いかにいろんな事考えて意識して(私はイメージが大切だと思っています)吹く事を心掛けると音が変わっていくと思います。

ホルスト/第一組曲

3楽章と1楽章の順で見ていただきました。
・テンポ感
・細かい音型は息を押し込まない
大きくこの2点を重点的に指摘を受けました。

バンド全体でテンポ感を意識するため、常に打楽器の方にビートを叩いて出していただき、そのビートに乗っかって演奏していきました。
そうすると特にマーチの3楽章ですが、ffの指示の箇所で細かい音型が出てくると、全部の音に息を押し込んで重たくなってしまいます。
管楽器は息を入れないと音が出ない楽器ですが、大きい音を出そうとしてマーチの軽やかさが出なければ意味がありません。
軽やかさがそこなわない音量、バランスが大事だとご指摘を受けました。

また1楽章はゆっくりのテンポの曲ですが、テンポ感は前に掴んでいくというイメージで、決して後ろに残さない事をご指摘を受けました。
今日は打楽器の方に常にビートを出していただきましたが、それがなくてもバンド全体でテンポ感を意識して演奏が出来ればと思います。

後半は今年のコンクールの課題曲「虹色の未来へ」です。

初見なのでまずはさっと各自譜読み

Aまでを2、3回やった後、「やはり一回全部通してみたいですね」という事で全部通しました。
まあ途中で止まる事なく最後まで行けました。
その後、区切りをつけながらやっていきましたが、ここでもテーマはテンポ感です。
特に頭打ち、後打ちを担当するパートはマーチの元気良さを。
逆にBからのメロディーは暖かい息で吹かないと幼稚な表現になってしまいますとご指摘を受けました。
Dからの低音のメロディーはビートを追い越し気味になるので注意する様にとここでもテンポ感です。
私は低音楽器を吹いている身なのでアンサンブルする時の心構えとして、長い音符吹いている時でも細かくリズムを意識する、アフタービートを感じるようにしています。
これを各自意識できれば曲が持つテンポ感というのが出てくると思います。

今日の合奏で打楽器の方がビートを刻んでくれましたが、それを各自が頭の中にイメージして吹く事が大事だと思います。

最後に先生の話で田植えの話が印象に残っています。
これも私が常日頃意識してる目線を遠くにというお話でした。
私も特にロングトーンの練習する時などホールの一番後ろ、またその先に目線を向けて吹く事を心がけていますが、目の前に楽譜があると疎かになりがちです。
早く楽譜を自分のものにして目線を遠くに持って視野を広げるか
そうする事によって周りが見えてアンサンブルがやりやすくなります。

山上先生のご指導の時は、こういった基礎的な事を再確認させていただけるので、私自身楽しんでやっています。
また三宅先生のご指導の時は音楽的な事がすごく勉強になるので、これまた私は毎回の練習に刺激を受けています。
このお二方に加えて大西先生もいらっしゃいます。3人3様のご指導をされるので、これからバンド指導を勉強しようという方にはすごくいい環境だと思います(^^)
指導者に恵まれ、練習場所、打楽器の倉庫もあるという贅沢な環境に甘えず、楽しんでいい音楽が出来ればと思います。

そんな中、いこままさんのページでも書いてましたが、ティンパニ4台中3台は市民吹奏楽団の楽器でしたが、残り1台が予算の都合上今までお借りしていた楽器でした。
その残りの1台を購入できました(^o^)

ウインドでは今日の練習でお披露目でした(^^)

生駒ウインドはまだまだ団員募集しています。
特に木管の低音がバリサクだけですので、今日の練習でも話が出てましたがバスクラは急募です。
興味がある方は今すぐホームページの団員募集ページから問い合わせしてくださ〜い。

本日のブログ担当は、Eup&Tuba&Cbパートリーダーのせばすちゃんでした。

2018年2月10日(土)

雨が降り、少し肌寒く感じた本日の練習は、来年度のコンクールの課題曲2曲を含め、計5曲ご指導いただきました。

基礎合奏では、バランストレーニング、スケールトレーニング、ハーモニートレーニングに加えて、リズムトレーニングを行いました。16分音符のテヌート、スタッカートのところでは個人的にも弱い部分でもあるので、先生のおっしゃるような「歯切れの良いスタッカート」で吹けるように、短い練習時間でも練習を重ねて行き、曲中でもいかしていきたいです!

♪一曲目♪  マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ

基礎合奏での課題、スタッカートが早くもいかせる曲。この曲のスタッカートは短めに!と言うことで、スタッカートを探してみると(探さなくても)たくさんついていました。基礎練習の大切さを改めて実感しました。

♪二曲目♪  ホルスト「第一組曲」

テーマの低い部分では地を這うような感じで。いろんな楽器がバトンをつなぐように、このテーマを演奏していきます。各楽器でテーマが変わってしまわないように、最後まで繋げていきたいです。また、テンポが変化するところがありますので確認を(一楽章)!

 

♪三曲目♪  仕込み中の曲

細かい動きのあるパートのタンギングの練習。ホルンパートはありませんが、うしろで聴いていて思うことは、もし自分のパートに同じ動きが出てきた時は、練習あるのみといったところでしょうか。下手端っこからいつも応援しています。

♪四曲目♪  吹奏楽のための「ワルツ」

かっちり決まるマーチと違い、三拍子やテンポの変化をつかむ事がワルツの難しいところだと感じました。これまでに、歌やピアノで学んだワルツでも、裏拍をどう感じるかでワルツに聴こえるか否かと言われた記憶が蘇ってきます。

♪五曲目♪  「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

音符を読むのは簡単な曲ではありますが、表現をしていくと言う意味ではほんとに難しい曲だと思います。オーケストラの曲を吹奏楽で演奏する難しさもあると思います。前回にもご指導を受けていたかと思いますが、今回は特にBからオルガンのような響きではっきりめに吹いていきましょうとご指導いただきました。

まとめ

練習の最後に副代表もおっしゃっていたこととかぶってしまいますが、社会人のため毎日練習はできないのが現状ですが、一回一回の合奏を本番だと思い、これからも練習を積み重ね良い演奏をホール中に響かせられるようにしていきたいです。

 

本日のブログ担当は、HornパートリーダーのKでした(o^^o)♪

 

 

2018年2月3日(土)

あられ混じりの雨が降る節分の日👹 明日立春?!…と思うほど、春はまだ遠い寒さですねー。皆さん体調に気をつけて過ごしましょう!

☆スーパー サウンド トレーニング☆

スケール、ハーモニートレーニングをしました。息のスピード(息を多く入れるように)や、出だしの音程に気をつけて吹く。又、中低音の響きが課題だと言うことを指導してくださいました。比較的合わせやすいB♭音階のトレーニングで、「おっ、気持ち良い響き♪」と感じる小節が増えてきたように思います。ただ教えて頂いた事を吹くだけでなく、音量、音程のバランスを自分で考えながら吹き、「気持ち良い響き」の演奏に繋がるように、これからも基礎合奏を大切にしていきたいですね!

B♭、E♭、Fのスケールを16分音符でしました。仕込み中の曲には欠かせない練習です。舌の力を抜いてペロンペロンにする…う~ん難しい(笑)練習しかありません。

☆ホルスト「第一組曲」

三宅先生の手拍子のリズムに合わせて、細かい部分を練習しました。テンポの変化を確認、アクセント・スラーの吹き分け、違う楽器で、同じ動きをする時のニュアンスを揃える等です。

☆仕込み中の曲

細かいパッセージの練習として、最初から力を入れて練習するより、締めの部分から確実に吹けるようにすると良い。と指導して頂きました。指とタンギングのタイミングを合わす練習をコツコツしていきたいです。吹く練習で心折れそうになったら、上手な演奏を聴いて、イメージトレーニングをするのも良いかも知れませんね。

 

☆カヴァレリアルスティカーナ

スローテンポで、見た目あっさりした曲こそ、難しい!オルガンのように音を響かせ、8分音符は短くなり過ぎず、はっきりと吹く。アクセントは1こずつ吹くつもりで。等指導して頂きました。

「いこま吹奏楽の日」まで、練習はあと4回しかありません。残りの練習で、やった事を忘れず、演奏が後退しないように個人個人で意識を持って、良い演奏会になるように、頑張りましょう🎵

今回は🎷パートパートリーダーのTでした☺️

2018年1月27日(土)

一月最後の練習でした。

先週は日本中が寒波に見舞われておりましたが、ここ生駒市も寒い日が続いています。みなさま体調には十分ご自愛くださいませ。

1/26(金)夜の生駒駅前の様子

本日は三宅先生に3曲ご指導頂きました。

1曲目

「カヴァレリアルスティカーナ 」間奏曲。

この曲は2回目の合奏となります。
譜面上は初見合奏で通るレベルの曲であります。
しかしながら、知名度も高く、聴衆が聴き慣れている曲であるため、演奏がどのように観客席に聴こえているのか、奏者一人一人が譜面に向き合わないと満足できる演奏にはならない、難曲だと思います。
この曲を演奏するにふさわしい音のイメージについて、主に音質面や音のアタックのあり方をご指導いただきました。

2曲目

ホルスト「第一組曲」です。

この曲は一度本番で演奏していることもありますが、残り4回の練習でどこまで完成度を上げることができるかが課題です。
各楽章で注意すべき、演奏上の表現を中心にご指導いただきました。
具体的にはアタック、シンコペーションやアクセントのニュアンスを。

3曲目

仕込み中の曲。

インテンポで曲全体を通しながら、課題を提示いただきました。

金管楽器は、ファンファーレ的な音質
木管楽器は、細かいパッセージを如何にして楽に吹くか 等

まとめ

合奏録音を聴いてみると、様々な課題が明らかになってきました。
社会人を中心として構成されたバンドである私たちも例外ではなく、学生バンドのように練習時間の積み重ねで演奏レベルを上げていくという対策が取りにくいと感じます。
一人一人が演奏に向き合って行く大切さを痛感しました。

本日のブログ担当は、Fl/ObパートリーダSでした。

追伸

メンバの気持ちがあってきたのか、出演者の15%がこんな格好でした。

5人の美女と1人のオッサン

2018年1月20日(土)

ここ数日間暖かい日が続きました。今日も天気が良く暖かい1日でした。

そんな今日の合奏は、18時〜19時までが大西潤之先生、19時〜21時までは先週に引き続き山上隆弘先生に指導していただきました。

まず大西先生の合奏では「いこま吹奏楽の日」で演奏する「吹奏楽のための第1組曲(ホルスト)」から主に1楽章を見ていただきました。

まずはテーマばかりをつなげて最初から最後まで通しました。この練習は以前にも三宅先生の合奏でやりましたが、このテーマが最初から最後までしっかりつながりができていること、同じメロディでも音の長さや重さなどが全然違うので色々なバリエーションのテーマたちを聴いてる人にしっかりと伝わるように、テーマを吹いてる人はもちろんそれ以外を吹いている人も意識して演奏したいです。

そして、後半は山上先生の合奏です。先週と同じく、まずは身体を動かしてしっかりと息を吸ってだす練習からです。この練習をしているととても身体がポカポカしてきます。先生も仰っていましたが、寒い冬に朝起きてやると身体が暖まって良さそうです♪

基礎練習では、今回も吹いて→歌って→吹く、という練習をしました。学生の頃にはよくやってた練習ですが大人のバンドになるとこのような練習をする機会は少ないと思います。自分が吹く楽譜を歌えるようになること、そしてそれが頭でしっかり鳴るようになるともっともっと音程が合ってくるかもしれません。とっても大事な練習だと思いました。基礎練習だけではなく曲などでもやっていけたら良いなと思います。

その後は、第1組曲の2楽章を見ていただきました。

今日は打楽器が前に登場です!主にメトロノームをつけての練習だった為すごく吹きやすく感じてしまいました。メトロノームが無くても安定したテンポ感で吹けるようになるにはまだまだ練習が必要です。前に出た打楽器の方が、前に出ると音の聞こえ方が全然違う、と言っていたので、特に後ろの列に座っている楽器や音が飛びにくい楽器の人たちはそういう事も考えて吹かないといけないと改めて感じました。

そして、最後に新曲「カヴァレリアルスティカーナ」です。楽譜面は簡単そうに見えるかもしれませんが、そういう曲ほど吹いてみるとずっとずっと奥が出てきてとても難しいですね。とりあえず、山上先生力説のゴッドファーザー3を見てみようかな….と、思いました♪

「いこま吹奏楽の日」まで残すところ6回の練習になりました。二曲ともまだまだ人前で演奏できる状態ではありません。小、中、高、とたくさん集まる中、大人のバンドとしてしっかりと大人な演奏をしたいです。そして今日指導してくださった大西先生、二週連続で来ていただいた山上先生に少しでも成長した演奏を聞いてもらえるように残りの6回精一杯練習していきます。

それでは、今日のブログ担当は、トランペットパートリーダーMでした♪