2020年2月1日(土)

いよいよ定期演奏会まで2週間となりました。
いつもは週1回の練習ですが、
2月は土日のどちらも練習、そして本番です。
そんな本日は第1部のリハーサルでした。

まずは基礎合奏、そして1部の曲の確認です。
軽めの音出しと確認の後、代表から説明があり、
いよいよリハーサルです。

リハーサル前本番を想定して、ということで、
開始前はしばらく音出し禁止です。
その後、舞台袖でスタンバイ、本ベル、と時間も本番さながらです。
写真は袖で待っているところですが、
待つだけの5分は長かったですね。
本番ではここで良い緊張感が続くようにしたいです。

さていよいよリハーサルです。
指揮者の出入りや、奏者の立つところ、
席替えのタイミング等の確認をしながらの通しです。
1部だけであっても、最後は大曲ということで、
スタミナ配分を考えないと、
と改めて認識できたのではないでしょうか。

リハーサルが終わった後は少しの休憩をはさみ、
ドラゴンの年とThe Fallsの合奏です。
本番が近づいているので、
全体的なニュアンスやバランスの確認が中心でした。

本日は「リハーサル」をしましたが、
緊張感が足りなかったのでは、とのご意見がありました。
単なる「通し練習」ではなく「リハーサル」。
その意味をよく考えて、
明日の第2部のリハーサルに臨みたいと思います。

本番がどんどん近づいています。
私たちだけをがっつり見に来ていただく、初めての舞台です。
寄せ集めのような結成から3年ほど。
楽しく、次につながる演奏会にしたいと思います。

本日のブログ担当はトランペットパートのKでした。