2019年7月28日(日)

コンクール一週間前となりました。
昨日に引き続き今日も練習ですが、はばたきホールを借りてのホール練習です。
昼から夜まで生駒ウインド発足以来の長丁場の練習です。

臨時講師に三宅先生と旧知の仲でいらっしゃる石田先生にお越しいただき指揮をしていただき、三宅先生と三宅洋子先生には客席でお聴き頂きながら問題点を修正していきました。

指揮石田先生
客席の三宅先生と三宅洋子先生

本番に近い形での練習と普段と違う指揮者という事で響きやテンポなどいつもと違う面があったと思いますが、本番は何が起こるかわかりません。
そういう面ではいい予行練習になったと思います。
また石田先生からは新たな切り口でのご指導。例えばコード感を認識する練習など、さらに曲の新たな魅力を聞き出せたかなと思います。
また客席の三宅先生からは曲のニュアンス、バランスなど細かいご指導がありました。
長丁場でしたが、最後まで緊張感のあるいい練習が出来たと思います。
こういう細かい事がコンクールだけでなく日々の活動でも出来ていけばもっと演奏が楽しくなってくるんでしょうね〜

この練習をいかし残りの日々で内容を消化して本番は生駒ウインドらしい演奏が出来たらなと思います。
今回はいたって真面目なコメントを書いた低音パート パートリーダー せばすちゃんでした。

P.S.
手前のおじさん寝てるのかな?(^o^)