2018年7月29日(日)

この土・日曜日、台風で練習がどうなるかと思っていましたが、
無事に練習することができました。

ついこの間楽譜が配られたと思いきや、吹奏楽コンクールが来週日曜日となりました。
今日はホールを使っての練習。音の響きや細かいところを丁寧に練習しました。

基礎練習のスーパー・サウンド・トレーニングでは、打楽器も入っての練習です。
せっかくのホール練習ですので、打楽器も含めての音量等のバランスの確認を行いました。

曲練習は最初に通し練習を行い、その後は細かなところの確認です。
生駒中学校の山上先生も来られ、三宅先生とのW指導‼。
幸せなお話です。

主におっしゃられたことは、
forteになると力みすぎてガチャガチャした感じになる、
unizonやtuttiの部分でのズレが気になり、einsatz(アインザッツ)を意識すること、
pianoやpianissimoなどのダイナミクスを周囲を聴いて意識すること、
などおっしゃってくださいました。

指示をしてくださることにより改善されることがあります。
これが、最終練習の8月4日でもきちんと表現できていることを願うばかりです。
そうすれば、本番も間違いなし‼と勝手に筆者は思っています。

2日続けての練習でしたが、濃密な内容になったと思っています🎵。

コンクールと言えば賞が必ずついてきます。
賞に意識をとらわれず、如何に良い演奏ができるか、
聴きにきてくださっている方々に「おっ、ええやんけ」と思ってもらえることが、
とても大切だと思っています。

そんな演奏ができれば、自ずと良い賞も取れると考えています。

聴きにきてくださっている皆さまが惚れ惚れする演奏ができるよう、
精進して参ります。

(おまけ)

生駒市の生涯学習施設は、現在「よしもと・南海共同体」という団体で
管理運営されています。
吉本興業が入りますと、新喜劇の舞台になるセットが昨日練習しました
「北コミュニティセンターISTAはばたき」のロビーに展示されております。

ポコポコヘッド用の灰皿や帯谷ポットなど、多数展示しております。
誰かにやってもらおうかとも思いましたが、今回はセットの写真だけです。
ご勘弁くださいませ。

以上、本日のブログはコントラバスM(といっても、二人ともMでした)の
男性の方でした😊。