2018年6月2日(土)

早いものでもう6月ですね。今年も半分過ぎたのかと思うとぼんやりしていると1年あっという間に過ぎてしまいそうで怖いです。
6月は本番が2回控えており、それが過ぎると続いて7月の本番や8月のコンクール…とイベントが続きますので、限られた時間を大切に練習をしていきたいです。

梅雨入りの季節に入りますが、今日は良いお天気で奈良公園野外特設ステージで開催されていたムジークフェストあおぞら吹奏楽を観に行ってきた団員が日にこんがり焼けて帰ってきてました。来週の6/10もお天気に恵まれると良いですね。

さて、今回の練習は、基礎合奏。6/10(日)に控えているイベントの練習や7/8(日)の生駒市吹奏楽団コンサートに向けた練習、コンクールで演奏する曲の練習をしました。

今日のはじめの基礎合奏では、15分練習メニューに合わせサウンド・バランス・ハーモニー・リズムの練習をしました。課題になった音のアタックを揃えたり、音をイメージして吹いたり、音のバランスを考えて自分の担当する音がハーモニーの中でどのような役割でどう吹けば心地よいサウンドができるのか意識をすることは良いサウンドを作るためにとても大切なことなので普段の曲中でも意識してできるようになりたいです。

続いて曲練習ではパフォーマンスを行う曲に関しては今日は曲を止めずに通し、実際に考えているパフォーマンスの動きを付けて練習しました。
動きを付けてみると、タイミングの問題や格好悪い動きになったり演奏に支障が出ないためにこうした方がよいとか、楽譜覚えないと…等座奏では見えなかった課題も出てきました。課題については本番までに各パートで工夫しクリアしていきたいです。

写真はパフォーマンス練習の1部です。本番では練習場所と環境が変わるので少しドキドキですが、本番を意識しながら調整をし、本番皆で楽しくパフォーマンスできるようにしたいです。

最後にコンクールの課題曲も練習しました。今日は三宅先生が表現したいと考えている曲のイメージをストーリーをつけて教えてもらい、皆でイメージを共有し曲に表情をつけていく練習をしていきました。まだまだ練習が必要な箇所があったりでイメージの表現までできない所もありましたが、ストーリーが聴いている人にも伝わり、曲の面白さやわくわくする感じが伝わるような演奏ができるようにこれから頑張っていきたいです。

本日のブログ担当:トランペットパートN