2018年5月26日(土)

暑い日が続き、まだ5月なのに夏バテしかけているホルンのパートリーダーでございます。

さて今回は5月の練習最!終!日!!

今回は山上先生にワルツを見ていただきましたが、合奏が始まるまでに、会議室にて木管セクションを三宅洋子先生に1時間半ほど見ていただき、市民ホールでは金管・打楽器のパート練習を行いました。

市民ホールでは、日頃なかなかできないパート練習や個人練習でコンクールの曲や本番で演奏する多数の曲を集中して練習することができました。

ホルンパートは3人だけだったので、音が定まらないゲシュトップ奏法を教えていただきながら、練習をちまちましておりました。本番までにはバチっと決まるように練習を重ねて行きたいです。

山上先生が来られて山上体操後に合奏開始!

ワルツのリズム「ぶん、チャッチャ〜」の3拍目が残りすぎないように気をつけたり、A.Sax、Euph、Hrのメロディがあるところは、テンポ感がなくなりやすい危険なところであるため、リズムキーパーである木管の音をよく聞きながら演奏することを心がけました。

「花が咲くように」「楽しんで」「踊れー!」と山上先生の言葉に、改めてただ吹いているだけでは、音に表情がつかないと思いイメージをしっかり持ち演奏をしていかなければと感じました。

また、テンポが揺れたりするので、暗譜を目指していけるようにということで、暗譜何年ぶりだろう…と思いながら頑張って覚えていきたいと思います。

来月には本番も控えているので、楽しんで演奏し、演奏を聞いてくださる皆様にも楽しんでいただけるように頑張りたいです!

 

最後に、A.SaxからB.Saxを持ち替えた顔出しNGのお姉様☆*。

なんの違和感も感じさせずに演奏される姿…カッコイイです!!

キラッと輝く高音楽器も素敵ですが、低音楽器の全体を包み込むような存在感は憧れます。

でも、1番は中音楽器のホルンだと思っている本日のブログ担当は、ホルンパートリーダーKでした❁*.