2018年3月10日(土)

日中の日差しは暖かくなりましたが、まだまだ朝晩は冷えて寒いですね。

3月4日の本番が無事に終わり、心機一転、今日はコンクールに向けて自由曲候補を重点的に練習しました。前半はセクション別の練習ということで、金管は三宅先生、木管は三宅洋子先生にご指導いただきました。

まずはB♭音階でウォーミングアップです。音程が合わない(うねっている)と感じたら口の中を開けるように、とご指導いただきました。曲に関しては、木管は細かい動きのある部分をみていただきました。曲中に全部で8か所ほど登場するのですが、今回、洋子先生がとっておきの秘策を授けて下さいました。これもまた練習が必要ですが、良い演奏をするための大きな一歩に繋がったのではないかと思います。各自復習をしてから、金管セクションと合流するためホールへ移動しました。

全員揃ったところで、後半は三宅先生のご指導で候補曲の合奏です。今日もテンポの動き、ニュアンス、パートごとのバランスなど、曲の完成度を高めるための指導を沢山頂きました。まだまだ楽譜にかじりついて吹くのに必死…といった状況の私ですがメモはバッチリです。地道に練習したいと思います。

残りの時間は課題曲のⅢ、Ⅳを練習しました。どの曲をコンクールで吹くのかまだ決まっていませんが、それぞれ異なるカラーを上手く表現できるよう取り組んでいきたいと思います。

代表・パートリーダーからバトンを引き継ぎ、今回から各パート団員がブログを更新していきます。ブランクが長く入団当初は運指を思い出すのにも必死だった私ですが、先生も団員の方々も優しくて、何とか今まで続けられています。楽器を眠らせている方はぜひ一度、見学に来てもらえたら嬉しいです。それでは、Fl&ObパートのHでした。