2018年2月10日(土)

雨が降り、少し肌寒く感じた本日の練習は、来年度のコンクールの課題曲2曲を含め、計5曲ご指導いただきました。

基礎合奏では、バランストレーニング、スケールトレーニング、ハーモニートレーニングに加えて、リズムトレーニングを行いました。16分音符のテヌート、スタッカートのところでは個人的にも弱い部分でもあるので、先生のおっしゃるような「歯切れの良いスタッカート」で吹けるように、短い練習時間でも練習を重ねて行き、曲中でもいかしていきたいです!

♪一曲目♪  マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ

基礎合奏での課題、スタッカートが早くもいかせる曲。この曲のスタッカートは短めに!と言うことで、スタッカートを探してみると(探さなくても)たくさんついていました。基礎練習の大切さを改めて実感しました。

♪二曲目♪  ホルスト「第一組曲」

テーマの低い部分では地を這うような感じで。いろんな楽器がバトンをつなぐように、このテーマを演奏していきます。各楽器でテーマが変わってしまわないように、最後まで繋げていきたいです。また、テンポが変化するところがありますので確認を(一楽章)!

 

♪三曲目♪  仕込み中の曲

細かい動きのあるパートのタンギングの練習。ホルンパートはありませんが、うしろで聴いていて思うことは、もし自分のパートに同じ動きが出てきた時は、練習あるのみといったところでしょうか。下手端っこからいつも応援しています。

♪四曲目♪  吹奏楽のための「ワルツ」

かっちり決まるマーチと違い、三拍子やテンポの変化をつかむ事がワルツの難しいところだと感じました。これまでに、歌やピアノで学んだワルツでも、裏拍をどう感じるかでワルツに聴こえるか否かと言われた記憶が蘇ってきます。

♪五曲目♪  「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

音符を読むのは簡単な曲ではありますが、表現をしていくと言う意味ではほんとに難しい曲だと思います。オーケストラの曲を吹奏楽で演奏する難しさもあると思います。前回にもご指導を受けていたかと思いますが、今回は特にBからオルガンのような響きではっきりめに吹いていきましょうとご指導いただきました。

まとめ

練習の最後に副代表もおっしゃっていたこととかぶってしまいますが、社会人のため毎日練習はできないのが現状ですが、一回一回の合奏を本番だと思い、これからも練習を積み重ね良い演奏をホール中に響かせられるようにしていきたいです。

 

本日のブログ担当は、HornパートリーダーのKでした(o^^o)♪