「いこいこま♪」生駒ウインド活動ブログ

2019年6月22日(土)

先週の日曜日いこすいフェスタに来てくださった方ありがとうございます。残念ながら今回来ていただく事が出来なかった方も次の機会は是非聞きに来てください。

本番明けの今日の練習はいつもより少し出席率が低かった様です。本日のブロク担当の私も所用で少し遅れてしまいました。ごめんなさい。

そうは言っても今日からは次の本番であるコンクールに向けての練習が本格化。フレーズ毎に分割して先生から練習のポイントや課題についての説明を交えての今までより突っ込んだ練習となりました。各自内容を理解して自分の、パートの、セクションの、全体のレベルアップに努力をしていきましょう。そして本番では生駒ウインドらしい演奏が出来るようがんばって行きましょう!

本日のブログの担当はトロンボーンのNでした。

明日は私たちの音楽監督である三宅先生の所属するオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラの定期演奏会を聞きに大阪のザ・シンフォニーホ-ルに行ってきます。

2019年6月15日(土)

今日は雨が降ったり止んだりで変なお天気でしたね。そろそろ梅雨入りの頃でしょうか。

今日も三宅先生のご指導のもと練習を行いました。明日はいよいよいこすいフェスタです。今日はたけまるホールでリハーサルを行いました。

基礎合奏→はとポッポの世界旅行!→ぐるりよざ、を練習しました。

まずはじめに、はとポッポ世界旅行!の映像と演奏合わせを行いました。

 

その後、明日のいこすいフェスタで、共演させていただく龍笛奏者・中原詳人さんと一緒に最終確認を行いました。 龍笛の音をなかなか耳にする機会がないので、いつもとても興奮してしまいます。

本日は練習の全てが明日の最終確認となったため、いこすいフェスタへのやる気や楽しみがどんどん増していきました!

明日、たけまるホールでいこすいフェスタ2019〜夏への扉〜を開催しますので是非お越しください!14時開演です。

本日のブログ担当は、トランペットパート🎺のNでした。

2019年6月9日(日)

今日はパート練習からスタートです!

ちなみにパート練習はいつ以来だと思い、このブログを”パート練習”で検索してみると、前回は5月、その前は去年の9月でした。
実際にはもう少しあったかもしれませんが、私は先月参加できなかったので…余計に久しぶりに感じたんですね。

ホルンパートはハーモニーを確認したり、リズムを確認したり。
貴重なパート練習、有意義な時間になったと思います!

そのあとは合奏です。
「ぐるりよざ」と「はとポッポの世界旅行!」を練習しました。

今日はあまり経験のない1番後列で、少し新鮮でした…!

1週間後の6/16はいよいよ、いこすいフェスタです!
あと1回練習があるので、少しでも良い演奏になるようにしたいです。

以上本日の担当は、すでに秋が待ち遠しい、ホルンパートKでした!

2019年6月1日(土)

6月です。新元号が発表されて1ヶ月が経ちました。すっかり「令和」にも馴染んできましたね。

今日も三宅先生にご指導いただきました。基礎合奏の時間からたくさんのメンバーが集まっていました。気合い十分です!

DSC_0515

というのも、今日は6/16(日)いこすいフェスタで共演させていただく龍笛奏者・中原詳人さんとの初合わせでした。

DSC_0519

早速、ぐるりよざ「唄」の練習です。
この曲は、全体が龍笛のソロで構成されています。私は初めて間近で龍笛を聴いたのですが、味わい深く神々しい音色で、何回も体がぞわぞわ!?しました。
伴奏部分も中原さんを引き立てる演奏が出来るよう、本番までの練習を頑張ります。

さて、少し龍笛について調べてみたのですが、、、
管は竹で出来ていて指孔(ゆびあな)は7つしかないのに2オクターブもの音域を持ち、広い音域を縦横無尽に駆け抜ける音色は「舞い立ち昇る龍の鳴き声」と例えられ、それが名前の由来となったそうです。
是非皆さんにもたけまるホールで龍の鳴き声を体感していただきたいです。

DSC_0527

その後、ぐるりよざ「祈り」「祭り」と、「はとポッポの世界旅行」の練習です。こちらもいこすいフェスタで演奏させていただくのですが、はとポッポでは演出もあります。乞うご期待ください!

6/16(日)いこすいフェスタ2019~夏への扉~
たけまるホール
14時開演です。
皆さまのご来場、お待ちしています。

本日のブログ担当は、B.Sax-Nでした。

2019年5月25日(土)

暑い日が続いています。めっちゃ暑いです…
ですが潮干狩り日和でしたね!
暑さ対策もしなくてはいけないですが、
練習場はクーラーが効いていて寒く感じる人も少なくないようです。
冷房対策も忘れずにしないといけませんね。

今日の練習は、三宅先生のご指導でした。

まずは基礎練習。
その後
・「吹奏楽のための交響詩ぐるりよざ」から
 「唄」→「祭り」→「祈り」
・行進曲「春」
・はとポッポの世界旅行!
を練習しました。

ぐるりよざのフーガ部分、
メトロノームに合わせると段々遅れてきているのがわかりました。
コンクールまであと2カ月ほど・・
いい演奏が出来るよう、丁寧にあわせていきたいですね。

さて…わたし、入団して4カ月がたちましたが、
なかなか思うように吹くことができなくて、反省することばかりです。

ですが、三宅先生のご指導や、練習はとても楽しいです。
もう次の練習日が待ち遠しいです。
みなさま、これからもよろしくおねがいします!

本日のブログ担当は、
初めてブログをかかせていただいたクラリネットパートのNでした。

2019年5月18日(土)

暖かい日々が続き服装もだんだんと夏に近づいてきまきた。

本日はコンクールやコンクールまでの本番に向けてたくさんの曲を練習しました。
たくさんあると、1つに集中出来なくて大変ですが、短時間でも出来ること身につくことはあるのでそれらを見つけ、練習しました。

練習の度、少しずつ合うようになり演奏する楽しさも増してきました。

毎回の練習を大切にし、次の練習や本番で出来るよう頑張っていきます。

本日のブログ担当はフルート・オーボエ・ファゴットパートのMでした。

2019年5月11日(土)

5月第2週目にも関わらず、
昼間は夏のような暑さです💦。

さて、今日の練習ですが、
三宅先生のご指導です。

いつもよりも15分早くからの基礎練習。
そして、曲練習は
「吹奏楽のための交響詩 ぐるりよざ」から
2楽章、3楽章と
吹奏楽コンクール課題曲などなど。

今日の練習で感じたことは、
曲のイメージをしっかりと掴まなければいけない‼と思いました。

そのために、一つひとつの音をどのように感じるのか、
四分音符でも曲のニュアンスをきちんと理解をして演奏しなければ、
どの曲でも同じような奏法になり、面白みがなくなる感じがしました。
そして、フレージングも大事になってくるかと思います。

曲のアナリーゼを個人ですることは難しいと思うのですが、
三宅先生の指摘されたことをどこまで団員全体で共有できるか、
これから様々な本番を迎えますが、
大切になってくるんとちゃうかなあと思った次第です。

そして、6月16日日曜日の午後2時からたけまるホールにて、
生駒市民吹奏楽団3団体が集まっての、
「いこすいフェスタ」があります。

練習後には今日の参加者でプログラム用写真をパチリ。
さて、どんな仕上がりになるのか…。

聴きに来てくださったお客様とともに、
「楽しかったわぁ」と思っていただける演奏を提供できるよう、
これからも練習に精進して参ります。

本日の担当は、
男子42歳若手のユーフォニアム・チューバ・コントラバスのMでした。

2019年5月4日(土・祝)

令和初の練習日でした。
新時代、さらに気を引き締め頑張ります。
そしてこのような日に、初めてブログを書かせていただきます。入団して1ヶ月がたちました。毎回の練習が楽しくて仕方ありません。

今日の練習内容は、パート練習・合奏でした。

まずはパート練習。吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」の第一楽章と第三楽章の重点箇所を主に、ゆっくりなテンポから確実に吹けるよう練習しました。まだまだ譜面を追うのに精一杯な部分があるので、練習を重ね、抑揚をつけるなどもっと曲のことを考えて吹けるようにしていきたいです。

その後、三宅先生のご指導による合奏です。
基礎合奏の後、まずは吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」からです。この曲はとにかくかっこいいです。そんな曲のイメージに置いていかれないよう、まだまだピッチが気になるところがあったり、単純に吹けていないところも多々あるので、しっかり仕上げてかっこよく演奏したいです。

次に、課題曲Ⅲ行進曲「春」です。
今まで演奏したことのあるマーチの中でもとても難しく感じます。譜面自体は難しくないからこそ難しいです。今日は裏拍のある部分とない部分があることを意識しながら演奏をしました。そういうことを意識できるようにするためにも日頃からスコアを見る習慣をつけなければならないと感じました。

次の本番もどんどん近づいてきているので1回1回の練習を大切に、そして楽しみながら頑張りたいと思います。

今回のブログ担当はトロンボーンパートTでした。

2019年4月27日(土)

いよいよあと少しで平成が終わり、新しい元号の年がスタートしますね!仕事とかにもよりますが、世間では10連休の大型連休も始まりお祝いムードが高まってる気がします。そんな今日は生駒ウインドの平成最後の練習日でした。

今日のセッティングは前回、自分の楽器だけ出して合奏だけして自分の楽器を片付けて帰るだけでは一体感をもって良い音楽ができない…という話があがったということもあったからか前回までよりもかなりスムーズに進み、練習スタートから約5分後にはセッティングがほぼ出来上がってました!私も17時に間に合わないことも多いですが、仕事ややむを得ない事情がある時以外は心がけの問題かと思うので時間通り来てセッティングをしたり、遅刻してしまったときは片付けをしっかりしようとか皆で協力しあえるようになりたいですね!

今日は三宅先生の代わりに山上先生が指導に来てくださいました。

山上先生が来られるまでは基礎合奏はNさんが指導してくださいました。基礎合奏ではハーモニーや発音をまわりと合わせる点について注意がありました。

合奏では今日は課題曲3番を中心に次の本番で演奏する曲4曲程も通しました。

課題曲3番は和音、ハーモニーが大事で一つ一つの音がうまく合わさらないと客席では全然響いてこなくて難しい曲なんだよなぁーという話を聞いてちょっとたじろぐ団員。今日の練習ではハーモニーを大事に作っていく事を意識し、小節や各音に対して丁寧に指導いただきました。少し意識すると変わっていくのですがまだまだ…。ただ譜面を吹けるようになるだけではいけない、一人だけが綺麗な音で鳴るだけじゃあ綺麗なサウンドは作れない、全体がハーモニーを理解し、1音1音に対してここはどの音が欲しいか意識しながら出過ぎたり出なさすぎたりしないようにする事がとても重要です。簡単なことではありませんが、この曲に限らず良い音楽を皆で作っていく上で大切なことなので皆で頑張っていきたいです!基礎合奏でも練習していることなので普段からの意識が大切ですね。団員からハーモニーの基礎資料もアップしてもらったので見てると結構分かってないこと多かったなぁ…と反省…皆で認識を合わせて曲を作っていくには伝えたいことを理解する知識も必要です。地道に頑張りましょう!

「結果」だけを求めていると人は近道をしたがるものだ…近道した時真実を見失うかもしれない…やる気もしだいに失せてくる。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意思さえあればたとえ今回は(だめだった)としてもいつかはたどり着くだろう?…向かっているわけだからな…(一部改)

いやぁ練習日前の夜中あんな泣かされるとはなぁ…(何の話や)

ところで今回の練習から念願のチャイムがやってきました!オーメンズとかもチャイムだとやっぱ違うなあ~良いなぁ!また皆さんの前でも近々お披露目できると思うのでお楽しみに!

今回のブログ担当はトランペットNでした。

2019年4月20日(土)

花粉症で鼻呼吸ができず、口呼吸のため唇ガッサガサでまともな音が出せなくて情けない日々が続いております。HrパートリーダーKです。

平成の練習も残りわずか…。Hrは新しい仲間が加わったり、休団するF兄さんがいたり。嬉しさと淋しさが同時に感じられるパートではありますが、本番では残りのメンバー+頼りになるアルトホルンMちゃんと支え合いながら、兄さんの分も頑張っていきたいと思います。

さて、今回の練習内容は、課題曲2曲とぐるりよざの1楽章他。

個人的に練習を始めた頃よりは曲に慣れてきたかなぁと思いますが、週一の練習では思うようには吹けず…。仕事の合間を縫って練習しないと、間に合わないし、追いつけないなと感じました。

とりあえず、足引っ張らないように、唇のケア頑張ります!(演奏の内容に関係なくてすみません)もちろん、個人練習も頑張ります。

では、ここからはHrパート最年長のKさんにバトンタッチ!🎤

 

同じバンドの運営や指揮をするものとして、皆さんに一言だけ言って置きたい事があります。
練習時間が、6時〜ですが、椅子を用意して、ウォーミングアップして、指揮者の先生を待つのがメンバーさんの務めかな!
練習をして、合奏して、本番を終えて、はいお終いでは、団体としての一体感は生まれないと思う。
皆さんには、社会人としての都合もおありでしょうが、纏める指揮者の先生の気持ちも汲んで、少しでも早目に集合されるべきかなぁと思います。
その気持ちが有れば、もっと音楽に一体感が出ると思います!

Kさん。ありがとうございます。

私も練習日はほとんど練習前に吹奏楽部の指導をしてから練習に向かうので、遅れていくことが多く、合奏の準備をしてスムーズに音出し、合奏に加われるのも、早くこられた方に椅子の準備や打楽器の準備などしていただいているおかげです。

本当にありがとうございます。

私も早く行ける時は準備のお手伝いや片付けが出来るようにテキパキと動いていきたいと思います。

今回のブログ担当は、Hrパートdouble   Kでした。