「いこいこま♪」生駒ウインド活動ブログ

2020年9月20日(日)

練習再開して今日は3回目の練習。楽器を出せない日々が続き、練習後の肩凝りが辛い、HrパートリーダーKです。

久しぶりの日曜日練習でしたが、Hrは7人中6人揃いました。半年ぶりのメンバーもいてホッコリしながら今日もトータルトレーニングから練習スタート。個人的に基礎からやり直しやなぁと思いながら、 今日も集中して4曲練習です。

《シンフォニア・ノビリッシマ》

アーティキュレーション見間違えないようにする事と、高音を綺麗に出せるように練習重ねないといけないな。普段から練習出来れば良いのだけど、厳しいので質のいい練習ができるよう努力。。冒頭部分から速度が変わるところなど、晴れていくイメージでと言われてものの音が高くて苦戦中。でも、練習終わりに、物語をイメージして演奏していくといいかもしれないと思い、次回の練習の時は自分なりにイメージして吹いて行けるように頑張りたいと思います。

《カンタベリー・コラール》

個人的課題→息をもたせることと、音程を保つこと。現時点では息が足りなくなり、音程が定まらなくなり…。徐々に休み前に戻していきたい。複雑なリズムがない分、響きだったり音色だったり、自分が思っている以上に丁寧に出していかないと…。

《春の猟犬》

唯一大学時代に吹いた事ある楽曲。パートは変わりましたが、知ってる曲なだけに「こんなにも吹けなくなるのか?!」とショックを受けました。練習の積み重ねって大事で、サボるとこうも吹けなくなるのかという事を実感し、良い勉強になりました。また、違うパートを吹くことによって、周りのパートが前よりも聞こえてくるようになった気が。まだ、前のパートが抜けきっていないのがネックですが、気をつけていきたいと思います。

《ジャパグラⅤ》

思わず口ずさみたくなるジャパグラ🎵世代ではないですが、親が聞いていた曲もありますが、曲想がいまいち掴めないところもあるので、原曲聴いて勉強していきたいと思います。

どんな曲をやっても、基礎練習ができてないとダメだなぁ…。と、個人的な感想になりましたが、再び舞台で演奏できる日のために、仕事をしながらではありますが、日々練習を積み重ねていきたいです。

本日のblog担当は、HrパートリーダーKでした(・ω・)ノシ

 

2020年9月12日(土)

9月12日は練習再開から2回目の練習日でした。

①基礎合奏

自粛前と変わらないメニューですが、合奏から離れていたので、周りの音の聴き方や腹筋の使い方が以前のようにできずもどかしく感じました…。少しずつ前の状態に戻れるよう、1回1回の練習を集中して取り組みます。

②シンフォニア・ノビリッシマ

2回目の合奏でしたが、おおむねの流れは分かるようになりました。テンポの速い部分はアーティキュレーションの変化をつけるのが難しく、テンポを落として確実に発音する練習が必要だと思いました。

③カンタベリー・コラール

ゆったりとした旋律がとても美しい曲です。しかしフレーズを吹き切りたくても息が続かない!笑

曲の最後に金管がミュートをかけてロングトーンをしていますが、これも音程をとるのが難しそうでした。

④春の猟犬

コンクールなどでもよく演奏されている曲ですが、演奏は初めてという方も少なくないようです。

冒頭の6/8は軽快なリズム、中間は雄大なメロディーが印象的で、聞くぶんにはとても楽しい曲ですが、装飾や16分音符をサラーっと吹けるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです…

⑤ジャパニーズグラフィティⅤ

北の宿から、ルビーの指輪など4曲が組み込まれたメドレーです。

この写真を撮るため合奏を外から聴いていましたが、練習の最後にも関わらずエネルギーがすごい!笑

早くこの曲を完成させて舞台からアツいメドレーをお届けしたいです^o^

 

以上、担当はサックスパートのTでした。

 

 

2020年9月5日(土)

ご無沙汰しております。
2月の定期演奏会以降、練習のできない状態が続いていましたが、ついに、練習が再開されました!
約半年ぶりです。

練習の再開にあたっては、市や施設と相談の上、独自のガイドラインを作成しました。今日からは、そのガイドラインに沿って、気をつけながらの練習となります。

まずは基礎合奏から。
久しぶりの「スーパー・サウンド・トレーニング」ですが、楽器を吹くのも久しぶりの人が多かったため、とてもしんどい練習に感じたのではないでしょうか。

そして、早速曲の練習に入ります。活動再開のための練習曲を4曲用意しました。

①シンフォニア・ノビリッシマ
ご存知、ジェーガーの名曲です。ブランクがある上に初見での合奏となりましたが、意外と皆さん吹けていたように思います。

②カンタベリー・コラール
久しぶりの合奏で、ハーモニーを考えるのはなかなか大変だったかもしれません。

③春の猟犬
やはりこの6/8拍子は難しいです。でも、かえって新鮮な気持ちで吹けるので、うまくのれるかもしれません。

④ジャパニーズ・グラフィティⅤ
三宅先生が、私の年代にはちょうどよい曲ばかり(笑)と仰っていましたが、往年の名曲ばかりのメドレーです。若い人にはかえって新鮮⁈

これらの曲を、まずは通して、そしてじっくり練習しました。半年ぶりに楽器を吹く人も多く、とてもしんどかったですが、何より楽器を吹ける喜び、合奏の楽しさを味わうことができたこの日の練習だったのではないでしょうか。

また、山上先生も遊びに来てくださり、合奏後には打楽器のワンポイントレッスンもありました。

今後の私達の活動にご期待ください!

今日のブログは、だいひょうでした。

2020年8月29日(土)

本日は、定例総会を開催しました。
本来なら、春に行なっているのですが、この状況で開催できず、本日の開催となりました。

団員が集まるのは定期演奏会以来、約半年ぶりです。定期演奏会の後、練習の中止が続いていました。

本日もまだ楽器は吹けませんが、昨年度の振り返り、決算報告、そして今年度の活動予定などをお知らせしました。

 

そしていよいよ、来週から練習が再開されることなりました!

生駒ウインドオーケストラ、再始動です。

 

(今日は写真を撮り忘れてしまったので、ありません…)

 

今日のブログは代表でした。

2020年2月15日(土)

いよいよ明日は私たち生駒ウインドオーケストラの「第1回定期演奏会」本番です!

今日はその会場となる「生駒北コミュニティセンタ-ISTAはばたき」で、本番に向けての最終練習でした。

夕方に会場に入り、明日の準備です。パンフレットへのチラシ挟み込み作業もやりました。

楽器搬入と座席のセッティングが終われば、合奏です。

いつもの基礎合奏を行い、本番の曲をひと通り合奏しました。

普段とは違うホールでの合奏だったので音の響き方・大きさ・バランスを確認しながらの合奏でした。

三宅先生のソロ演奏もあります!

あとは明日の本番を残すのみとなりました。

聴きに来てくださった方々に心のこもった最高の演奏をお届けできるよう団員一同、精一杯演奏いたしますので是非、お越しください!!

生駒ウインドオーケストラ 第1回定期演奏会          2/16(日)14:00開演(13:30開場)                 生駒市北コミュニティセンターISTAはばたき はばたきホール

本日のブログは、クラリネットパートSが担当しました。

2020年2月9日(日)

定期演奏会まであと1週間となりました。

本日は三宅先生、山上先生の指導のもと確認をした後、全曲を通しました。

2月上旬の通し練習より、集中力も完成度も高くなっており、本番は笑顔で終われそうな感じです。

 

全曲通すと体力的にも疲れるため、最後まで体力を持たせれるような計画を立てないといけないなと思いました。

 

 

1回定期演奏会は

2020216日(日)

13:30開場 14:00開演

生駒市北コミュニティーセンター

ISTAはばたき はばたきホール

 

です!

本番まで残りわずかとなりました。今できることを行い、素敵な定期演奏会にしますので、ぜひお越しください

 

ブログ担当はFl&WRパートのMでした

2020年2月8日(土)

生駒ウインドオーケストラ第1回定期演奏会まで残り約1週間となりました。

今回の練習は、ほぼ全曲を手短に確認、修正していく練習をしました。

 

木管の細かい連符や金管のハーモニーなど、やはり長期間練習してきただけあってかなり揃うようになりました!

 

定期演奏会の直前ということで、練習日程も週一回の土曜日から、週末の土日の2日間に増えたことにより、バンドのまとまりも以前より出てきたのではないでしょうか。

しかしここで気を抜かず、後1週間、高い目標を持って頑張りたいと思います♪♪

生駒ウインドオーケストラ第1回定期演奏会、吹奏楽を存分に楽しむことができる内容です!

ぜひお越しください♪

ブログ担当はユーフォニアムパートの者でした^_^

 

 

2020年2月2日(日)

生駒ウインドオーケストラ

第1回定期演奏会

2/16まで、あと2週間に迫ってきました。昨日の1部のリハーサルに続き、本日は、2部のリハーサルでした。

当日、ステージマネージャーを務めてくださるSさんもお越しくださいました。


まずは、ライオンキング冒頭のソリ、すばらしい。

演奏もかなり雰囲気が出てきたかと思います。ただ、西村先生にご指導いただいた内容が、すっかり飛んでしまってる感じがします。

スペイン

Nさんのソロ、カッコいいですね。一度本番で演奏しましたので、慣れてきてます。しかし、リズムが甘くなってきている気がします。

ユーレイズミーアップ三宅先生のソロ、やばいくらいすごいです。鳥肌がたちます。

そして、酒バラ、スピリティドアウェイ。


記念すべき、第1回定期演奏会。単発の出演や合同演奏会は何度かありました。自分たちだけの演奏会は、はじめてですね。すごい、特別な演奏会だとおもいます。

ここまで来るのに、三宅先生、山上先生、大西先生のご指導。役員の皆さん、裏方の皆さんの努力があります。家族の理解や支えのおかげでもあります。

関わってくださるすべての皆さんに感謝しながら、演奏会は自分自身のすべてを出し尽くして、いい演奏をお客様に届けて楽しんでもらいたいですね。

あと2週間、みんなが、緊張感、高揚感、感謝しながら、あと何歩か成長できるよう頑張っていきましょう。

BassTrombone の T でした。

2020年2月1日(土)

いよいよ定期演奏会まで2週間となりました。
いつもは週1回の練習ですが、
2月は土日のどちらも練習、そして本番です。
そんな本日は第1部のリハーサルでした。

まずは基礎合奏、そして1部の曲の確認です。
軽めの音出しと確認の後、代表から説明があり、
いよいよリハーサルです。

リハーサル前本番を想定して、ということで、
開始前はしばらく音出し禁止です。
その後、舞台袖でスタンバイ、本ベル、と時間も本番さながらです。
写真は袖で待っているところですが、
待つだけの5分は長かったですね。
本番ではここで良い緊張感が続くようにしたいです。

さていよいよリハーサルです。
指揮者の出入りや、奏者の立つところ、
席替えのタイミング等の確認をしながらの通しです。
1部だけであっても、最後は大曲ということで、
スタミナ配分を考えないと、
と改めて認識できたのではないでしょうか。

リハーサルが終わった後は少しの休憩をはさみ、
ドラゴンの年とThe Fallsの合奏です。
本番が近づいているので、
全体的なニュアンスやバランスの確認が中心でした。

本日は「リハーサル」をしましたが、
緊張感が足りなかったのでは、とのご意見がありました。
単なる「通し練習」ではなく「リハーサル」。
その意味をよく考えて、
明日の第2部のリハーサルに臨みたいと思います。

本番がどんどん近づいています。
私たちだけをがっつり見に来ていただく、初めての舞台です。
寄せ集めのような結成から3年ほど。
楽しく、次につながる演奏会にしたいと思います。

本日のブログ担当はトランペットパートのKでした。

2020年1月25日(土)

定期演奏会までの練習日数がいよいよわずかとなってきました。

今日の練習メニューは

・ ドラゴンの年
・ スペイン
・ ユー・レイズ・ミー・アップ
・ スピリティッド・アウェイ

ドラゴンの年はパートごとに細かいところを練習していました。

途中から山上先生が来られ、スペインの通しと
ユーレイズミーアップを三宅先生のソロで練習していました。

三宅先生のユーフォソロがとても美しく、心奪われるようでした。

本日のブログ担当はPercパートの最年少男子でした。